ホーム > One-X通信 > 決算前にWindows10へ入れ替え検討を!【運用・サポート】

決算前にWindows10へ入れ替え検討を!【運用・サポート】

パソコンは早め早めのご発注を!

2020年1月14日にWindows7のサポートが終了

Windows7は2020年1月14日にサポートが終了となります。まだ1年近くあるような気もしますが、つまるところ来年度中にサポートが打ち切られるということで、タイミング的には決算を控えた今が考え時です。

しかし、2018年10月頃から、インテルのCPUが品薄でPCの機種選択の幅が狭くなっています。在庫がある機種もありますが、「このメーカーのコレ!」と思うと在庫がなく、希望の機種は納期に時間がかかるようなケースが出てきています。

簡単にいうとインテルのCPU不足が原因なのですが、特にビジネスPCによく使われている第8世代のCPUが品薄です。

期末直前のご発注では間に合わないかも?!

melonchu_06.png

2月に入り、そろそろ決算を考えて機器の入替...というお客様もいらっしゃるでしょう。特に今年は消費税の増税が見込まれており、設備投資は増税前にとお考えの企業様はたくさんいらっしゃるはずです。

しかし、例年の状況よりも品薄感が強く、機種によっては納期までお時間がかかることも想定されます。最近は税務調査でもパソコンのインストール日を調べて、ちゃんと決算前に導入したPCかどうかもチェックするという話も聞いています。費税の増税が見込まれており、設備投資は増税前にとお考えの企業様はたくさんいらっしゃるはずです。

Windows10への入替は早めのご相談、早めのご発注を心がけてください。

コストを抑えてWin10に入替!

ssd.png
<サンディスク ウルトラ3D SSD>

「入れ替えといってもこのパソコン、まだ割と新しいしなあ。このパソコンをWindows10にできないのかなあ?」という疑問、ごもっともです。
答:「できます!」

基本的にWindows7から10へのアップグレードはOSを買い直しになるのですが、ハードディスクやSSDと同時に導入するDSP版の Windows 10 というものがあります。
これですと通常のWindows10よりもやや低価格ですし、ハードディスクをSSDに交換して使うことで体感的な速度がかなり向上しますから、一世代二世代前のパソコンでもWord・Excelを使う程度なら問題なく動作するでしょう。250GBのSSDに交換してデータ移行までやってだいたい6万円くらいだと思います(詳細はお問合せください)。

DSP版のWindowsについても、事前に申請が必要ですので、お早めにご相談ください。

tab_tab.png有限会社ワン・エックスでは運用・サポートだけでなく、システム開発、WEBサイト制作、ブランディングを含むデザイン制作などトータルでサポートいたします。ご興味のある方、お悩み事のある方は弊社までお気軽にお問い合わせください。

 ■有限会社ワン・エックス
 問い合わせ先 TEL:0155-27-2112

関連事業

ネットワーク構築

ネットワーク構築

ネットワークの重さやセキュリティ対策にお悩みではありませんか?あなたのビジネスに最適なネットワーク環境をご用意いたします。

対応可能地域:北海道・十勝管内/東京都
運用サポート

運用サポート・保守

当社が開発したものから他社開発まで、保守作業や運用サポートをさせていただきます。
運用に関する疑問や不安を細かくヒアリングさせていただき、先を見据えたサポートと保守をさせていただいております。

LINEで送る